フィリグラーナの製造工程

金線・銀線を作る工程

フィリグラーナの制作は金線や銀線を作るところから始まります。金や銀を0.1mmほどまで引き伸ばすことができるのは熟練職人だからこそできる匠の技です。この細い線がフィリグラーナの美しさの決め手にもなります。

フィリグラーナの製造工程

 
形・模様を作る工程

出来上がった金線・銀線を使用して、レースの様な透かし模様を創り出していきます。限られた空間にいかに美しく繊細な装飾ができるか、職人の技術とセンスが問われます。

フィリグラーナの製造工程

 


ネックレスの留め具に刻印を入れました

品質を保証するため、ブランドロゴとSV925(シルバー商品)を刻印させて頂いております。
ブランドロゴは、女性のお守りジュエリーフィリグラーナを皆様にご愛用して頂きたい、そんな想いから愛を込めたロゴデザインになっています。
【つばめ】生涯伴侶を変えず、必ず同じ場所に帰ってくることから愛のシンボルとして考えられています。ポルトガルでは昔からとても親しまれているシンボルです。
【ハート】ブランド名にあるコン・アモール(Com Amor)とはポルトガル語でWith Loveを意味します。 ロゴの中で、つばめの翼とハートを合わせて表現しています。何世紀もの間受け継がれているフィリグラーナは、まさに職人の愛が込められています。
【ティアラ】大人になっても大切な人に愛される存在でいてほしい、そして自分自身を大事にできる女性であってほしい、そんな想いをティアラに込めました。